other

その他

2013.05.23

すずらんブーケ

ロイヤルウェディングのケイト妃のブーケと同じ! あのブーケはシェーン・コノリーという英国人デザイナーが作りました。 来年の英国でのサマースクールでは、シェーンのレッスンと デモを受けるのです。今からド
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜DECEMBER〜

「YASUKO、あなたにチャンスをあげよう!」 リバティデパートの女性デレクターは、イギリス人特有の”SU”のところに、強いアクセントのある発音でこう言ったのを、私は夢物語の中でのように聞いた。 わず
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜NOVEMBER〜

かって、十一月十一日、ダブルイレブンから、イギリス人はクリスマスの用意をするのだと聞いたことがある。ほんとうかしら?と、ずっと思っていた。 ある年の十一月の終わりに近い日曜日。ケント州のカントリーハウ
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜OCTOBER〜

「このフラットはね、とてもラッキーなところなの。世界中から来た人たちがね、いろいろな夢をもってここに住んだわ!みんな、故郷に戻って自分の夢をかなえているの。だからYASUKOも、ここで暮らして、夢をか
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜SEPTEMBER〜

アカンサス、ルリタマアザミ、アネモネジャポニカ、セダム。 秋の庭の花を見ると、胸をしめつけられる思い出がある。十余年前のある秋の日。イギリスで、ずっと私の父親代わりをしてくれていた、Rogerの死を告
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜AUGUST〜

サラ.レーヴェンのレッスンを受けに、ロンドン郊外の小さな街に私はいた。ブリティシュレール(英国鉄道)も、一時間に一本ぐらいしかなく、駅にはタクシーもない有様。そのせいか、受講生は、私以外は全員イギリス
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜JULY〜

リバティのショーが終わって、私は自分のフラットでパーティーを開いた。ビクトリア時代のこの建物は、天井が高くぶどうの飾り壁があり、私の花を飾るのにはとてもよい空間だ。ショーのときお世話になった、デパート
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜JUNE〜

ロンドンヴォーグから電話が入ったという知らせが、イギリスから届いた。私が日本に戻っている間、連絡先として窓口になってくださった、ニコルソン氏からだった。 まだ春になりきらない日に、氏にアポをとっていた
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜MAY〜

イングリッシュガーデンという言葉とともにイメージするのは、パープル、ピンク、ブルーの花、シルバーのホリエージで、それらの色はそのまま、リバティデパートの思い出に重なる。 リバティのデレクターは、イベン
続きを読む »
2013.03.05

かわべやすこの英国便り〜APRIL〜

”サージェント・チェリー”っていうんですよ。私の背後で教えてくださった方は、イギリス暮しの長い日本女性。日本の桜とあまりに違うので、本で調べられたそうだ。抜けるような青空に、たくましく咲きほこる桜。通
続きを読む »